HAL-blog 始めました!

【心理学的モチベーション】内容理論とは?(マズローの欲求5段階説、ハーズバーグの動機づけ・衛生理論(2要因理論))

【心理学的モチベーション】内容理論とは?(マズローの欲求5段階説、ハーズバーグの動機づけ・衛生理論(2要因理論))心理学
スポンサーリンク

こんにちは、HALです。

・心理学的なモチベーションについて知りたい
・内容理論について知りたい
・ハーズバーグの動機づけ・衛生理論(2要因理論)について知りたい

モチベーションについて知りたいけど、たくさんの種類があってわからないという人もいます。

そこでこの記事では、心理学的なモチベーションの内容理論について、特にハーズバーグの動機づけ・衛生理論について解説します。

この記事を読むことで、仕事のモチベーションの要因について理解を深めることができます。

スポンサーリンク

内容理論とは

内容理論とは

内容理論とはモチベーション理論を大きく分ける際の1つの考え方です。

人間は何によって動くのか、What(何が)モチベーションを発生させるのかに視点を当てた理論です。

心理学的に研究されました。
内発的動機づけと分類されることもあります。
内発的動機づけとは、興味や好き・楽しいなど人間の内面的な要因によって物事に取り組むことです。

マズローの欲求5段階説やハーズバーグの動機づけ・衛生理論(2要因理論)などがあります。

詳しく見ていきましょう。

マズローの欲求5段階説

マズローの欲求5段階説

心理学者アブラハム・ハロルド・マズローは、「人間には、生理的欲求、安全欲求、社会的欲求、承認欲求、自己実現欲求の5つの欲求がある」としました。

マズローの欲求5段階説については、以下の記事をご覧ください。

【心理学】マズロー欲求5段階説とは?実は6段階目もあった!
人間の欲求について知りたいですか? この記事では、マズロー欲求5段階説を6段階目も含めて解説しています。 心理学の知識を深めたい方必見です。

ハーズバーグの動機づけ・衛生理論(2要因論)

ハーズバーグの動機づけ・衛生理論(2要因論)

アメリカの臨床心理学者のフレデリッグ・ハーズバーグは、「仕事に対して満足と不満足を引き起こす要因がある」としました。
動機付け要因衛生要因です。

人間の仕事に対する満足と不満足の要因は、別のものであるとする考え方です。

人間の2つの欲求

人間には2つの欲求があるとされます。

「心理的に成長したいという欲求」と「苦痛を避けたいという欲求」です。

・苦痛を避けたい欲求を満たしても、満足感が増える訳ではない。
・心理的に成長したい欲求が満たされなくても、不満足感が増える訳ではない。

「心理的に成長したい欲求」と「苦痛を避けたいという欲求」には相関がないということです。

不満足な要因を取り除いても満足にはならないため、満足になる要因が必要になります。

ハーズバーグは仕事における満足と不満足の要因を、動機付け要因と衛生要因で表しました。

動機付け要因

動機付け要因とは、仕事の満足に関する要因のことです。

目標を達成することや、他者や会社から承認されることが満足に繋がります。

衛生要因

衛生要因とは、仕事の不満足に関する要因のことです。

給与や人間関係、職場の環境や会社の方針などが当てはまります。

満たされないと仕事の不満足に繋がります。

不満足の要因である衛生要因を取り除いても、仕事の満足にはなりません。
満足の要因である動機付けの要因を積極的に取り入れることが、仕事の満足に必要です。

マズロー、ハーズバーグに関する本


まとめ

 

・内容理論とは、人間は何によって動くのか、What(何が)モチベーションを発生させるのかに視点を当てた心理学的理論です。
・ハーズバーグの動機づけ・衛生理論(2要因理論)とは、人間の仕事に対する満足と不満足の要因は、別のものであるとする考え方です。
・動機づけ要因とは、仕事の満足に関する要因のこと。
・衛生理論とは、仕事の不満足に関する要因のこと。
タイトルとURLをコピーしました