HAL-blog 始めました!

紙の本と電子書籍どっちが良い?

紙の本と電子書籍どっちが良い?読書
スポンサーリンク

こんにちは、HALです。

・本を買いたいけど紙の本と電子書籍どっちが良いか迷う。
・紙の本と電子書籍のメリットとデメリットを知りたい。

電子書籍が広まった現在、紙の本と電子書籍どっちが良いか迷う人もいます。
そこでこの記事では、紙の本と電子書籍のメリットとデメリットを紹介して、どっちが良いかお答えします。

この記事を読むことで、紙の本と電子書籍どっちを買うか選択する際に役立ちます。

スポンサーリンク

紙の本と電子書籍どっちが良い?

紙の本と電子書籍どっちが良い?

結論:両方を使い分けるのが良い。
紙の本と電子書籍それぞれにメリットとデメリットがあるからです。
それぞれのメリットとデメリットを見ていきましょう。

紙の本のメリット

自分のモノになる

紙の本は購入したら自分のモノになります。
モノとして手に取ることができ、所有欲が満たされます
また、読み終わった本を売ることができます。

目に優しい

電子機器を使わないため目に優しいです。
電子機器から発せられるブルーライトを気にしなくて良いので、安心できます。

読んでる感覚を得やすい

1枚1枚ページをめくるため本を読んでる感覚を得やすいです。
ページをめくる動作は読書するモチベーションにも繋がります。

前や後のページに移動しやすい

読みながら前や後のページに移動しやすいです。
1ページずつではなく何ページかまとめて移動できます。
何ページに書かれていた内容か確認しながら読めます。

紙の本デメリット

保管するのに場所をとる

本棚や収納スペースなど保管する場所が必要です。
本をたくさん所有すると、本棚に入りきらず置場所に困ります。

持ち運びにくい

文庫本はそうでもないですが、単行本は持ち運ぶ際にかさばります。
何冊もあると重いですし、持ち運びにくいです。

検索できない

紙の本はデータではないため、検索ができません
電子書籍では簡単に単語を探せますが、紙の本はページをめくりながら、書いてある場所を手動で探す必要があります。

読んでるときに手が疲れる

手が疲れます。読んでいるときにずっと本を開いている必要があるからです。
特に寝っ転がって本を読んでいると、手が痛くなります。
ブックスタンドなどを活用すると良いです。

電子書籍のメリット

保管に場所をとらない

電子書籍は保管するのに場所をとりません。
データで保存され、たくさんの本を保存できます
読みたいときにいつでもアクセスして読めます。

持ち運びやすい

タブレットや専用の端末1つで済むため、持ち運びしやすいです。
紙の本のようにかさばることはありません。

いつでも購入できる

24時間いつでも電子書籍を購入できます。
配送する必要がないため、本が届くのを待たなくて済みます。

紙の本より安い

電子書籍は紙の本より安いです。
書籍代をできるだけ安く押さえたい場合は、電子書籍がオススメです。

電子書籍のデメリット

自分のモノにならない

紙の本と違って電子書籍は、本そのものではなく、購入した本を読む権利が与えられます。
そのためサービスが終了した場合、データもなくなり読めなくなってしまいます。
また、自分のモノにならないため、読み終わった後に本を売ることもできません。

電子化されてない本は読めない

最近は電子書籍の数が増えましたが、電子化されてない本もあります。
電子化されてない本は読めません。紙でしか読めない本があります

発売が遅い

電子書籍は紙の本より発売が遅いです。早く読みたい場合は紙の本になります。

目が疲れる

電子機器を使うため、発せられるブルーライトによって目が疲れます。
タブレットの場合は設定やアプリを使うことで、ブルーライトをカットし緩和できます。
また、電子書籍の専用端末には目に優しく設計されているものもあります。

紙の本と電子書籍の使い分け

紙の本と電子書籍の使い分け

紙の本が良い場合

・手元に置いておきたい
・発売されたらすぐ読みたい
・中身を確認してから買いたい
・紙の本しか発売されてない
・読み終わったら売りたい

電子書籍が良い場合

・紙の本だと大きく重い
・発売が遅くても安くしたい
・購入してすぐ読みたい
・紙の本を買う程でもない
・紙の本を買うかどうか判断したい

まとめ

 

・紙の本と電子書籍は両方を使い分けるのが良い。
・紙の本と電子書籍はそれぞれにメリットとデメリットがあり、場合によって使い分ける。
タイトルとURLをコピーしました