HAL-blog 始めました!

【コミュニケーション】苦手意識ある?1対1の会話(特徴と対策)

【コミュニケーション】苦手意識ある?1対1の会話(特徴と対策)心理学
スポンサーリンク

こんにちは、HALです。

・コミュニケーションに苦手意識がある
・1対1の会話が苦手
・1対1の会話の特徴と対策が知りたい

会話をするときには、さまざまな場面があります。

コミュニケーションに苦手意識を感じている人の中には、1対1の会話が特に苦手だという人もいます。

そこでこの記事では、1対1の会話の特徴と対策を紹介します。

この記事を読むことで、1対1の会話をするときに役立ちます。

スポンサーリンク

1対1の会話が苦手

1対1の会話が苦手

1対1の会話の特徴

「話す」「聴く」の役割が明確

2人しかいないので、「話す」か「聴く」のどちらかの役割になります。

ずっと同じ役ではなく、交互に役割が変わることが多いです。

3人以上の会話に比べて役割が明確でわかりやすいです。

聴き役が1人なので、3人以上の会話より話を聴いてくれる安心感があります。

話題がなくなりやすい

話題がなくなりやすいです。

2人のどちらかが話題を提供する必要があるからです。

話題が豊富でネタ切れしない人もいますが、3人以上の会話より話題がなくなりやすいです。

会話が続かなくなりやすい

会話が続かなくなりやすいです。

話を聴いている1人が、常に会話の返しをしなければならないからです。

話題がなくなりやすいのと似ています。

対策

「話す」「聴く」のバランスをとる

「話す」と「聴く」のバランスが大切です。

ずっと「話す」「聴く」のどちらかだけだと疲れてしまうからです。

中には、話すのが好き、聴くのが好きという人もいるかも知れません。

相手によってバランスを調整しましょう。

一般的には「聴く」を多く「話す」を少な目にする方が良いとされています。

人間は自分が話すのが好きだといわれているからです。

ただし、初対面の場合はある程度話した方が良いです。

自分のことを話さず聴いてばかりだと、相手が不安を感じる場合があるからです。

どういう人かわかった後は、「聴く」を多く「話す」を少な目にする方が良いと思います。

普段から話題を考えておく

話題がなくなりやすい人は、普段から話題を考えておきましょう。

テレビやYouTube、自分が経験したことなど何でも良いです。

話題をたくさん持っていると、会話をするときに不安が減ります。

リアクションや返しを練習する

リアクションや返しを練習しましょう。

聴き役が1人なので、ちゃんと聴いていると相手に伝える必要があるからです。

相づちやアイコンタクト聴いている態度などを気をつけます。

会話の返しに困ってしまうことがある人は、あらかじめ会話のシミュレーションをすると良いでしょう。

3人以上の会話が苦手な場合は、以下の記事をご覧下さい。

【コミュニケーション】3人以上の会話が苦手な人へ(複数人の会話の特徴と対策)
3人以上の会話に苦手意識はありますか? この記事では、3人以上の会話の特徴と対策を紹介しています。 3人以上の会話が苦手な方必見です。

コミュニケーション能力が高い人の特徴や必要なスキルを知りたい場合は、以下の記事をご覧下さい。

コミュニケーション能力が高い人の特徴と高めるために必要なスキル!
コミュニケーション能力が高い人の特徴を知りたいですか? この記事では、コミュニケーション能力が高い人の特徴と高めるために必要なスキルについて紹介しています。 コミュニケーション能力について知りたい方必見です。

コミュニケーションに役立つ心理学については、以下の記事をご覧下さい。

【すぐに使える】コミュニケーションに役立つ心理学11選!
コミュニケーションに役立つ心理学を知りたいですか? この記事では、すぐに使えるコミュニケーションに役立つ心理学11選を紹介しています。 コミュニケーションを良くしたい方必見です。

まとめ

 

・1対1の会話の特徴は、「話す」「聴く」の役割が明確、話題がなくなりやすい、会話が続かなくなりやすい。
・1対1の会話の対策は、「話す」「聴く」のバランスをとる、普段から話題を考えておく、リアクションや返しを練習する。
タイトルとURLをコピーしました